スタッフブログ

令和3年度の社内カレンダー

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

 

毎年の作業なのですが、今年も社内カレンダーの検討に入りました。

柳屋建設は2月決算のため、新年度は3月スタートになります。

 

社内カレンダーには六曜はもちろんのこと、住宅会社では重要視する

『三隣亡』も入ります。

 

休業日は、営業部(火・水曜)と工務部(土日祝日)と、

曜日によって違うために分けなければなりません。

その他には会社の行事である「お客様感謝祭」や現場パトロールなども入ります。

社内で検討され承認されると次年度のカレンダーになります。

 

社内カレンダーを作る意味とすれば「会社全体の行動の明確化」でしょうか。

会社の目標に向かって行動するにはまず「スケジュール管理」が大切です。

それには基本となるカレンダーがないと始まりませんからね。

 

コロナ禍で大変な世の中になっていますが、

会社目標が達成できるよう頑張っていきたいと思います。

それでは。